成年後見

 あなたの身の回りにこんな人はいませんか?

 そんな方は、成年後見制度を利用したほうが良い方かもしれません。

 身内・ご近所の方に関わらず「おかしいな?」って思ったら当事務所に

 相談してください!

事例   こんなことが考えられます キケン  相談先

近所のおじいちゃんの家に

頻繁にセールスマンが出入

りしてるけど大丈夫?

ご家族が居らず財産管理が

出来なくて言われるままに

商品を購入している。

本人の財産が

なくなる可能

が有ります

まず本人、次に

民生委員や司法

書士 等へ

おじいちゃんが亡くなり

お婆ちゃんに判子をもらわ

ないと相続の手続きが出来な

いんですが、お婆ちゃんは何

のことか理解してません。

勝手にお婆ちゃんの判子押して

いいんでしょうか?

ご本人が判断できない常況

でしたら、お婆ちゃんに

代わって判断をしてくれる

人を家庭裁判所に申立て

選任する必要があります。

お婆ちゃんの

相続の権利が

害される恐れ

があります。

親族から家庭裁判所

又は司法書士等へ

私、身寄りが有りません。

今は色々判断できるんですが

今に判断できなくなった時が

不安です。何かいい方法は

有りませんか?

 

見守り契約や任意後見

制度が利用できます。

また今なら遺言書作成

が可能です。

痴呆になって

からでは貴方

の意志が尊重

されない場合

が有ります。

 司法書士等へ

名称 民法   法律効果 
被成年後見人  7条

精神上の障害により事理を弁識する

能力欠く常況にある者

法律行為を取消すことが出来る。

(但し日曜品の購入などは除く)

被保佐人 11条

精神上の障害により事理を弁識する

能力が著しく不十分である者

保佐人の同意を得なければならない行為で

その同意などがない場合取消すことが出来る

被補助人 15条

精神上の障害により事理を弁識する

能力が不十分である者

補助人の同意を得なければならない行為で

同意などがない場合取消すことが出来る